FC2ブログ
1月10日の産経新聞に発達障害について成人の問題が取り上げられていた。
特別支援教育の面から子どもや学校が注目されることが多かったが、診断などを受けずに見過ごされてきた人も少なくないのではないか。

増える大人の発達障害 仕事に支障、ひきこもりも(2012.1.10 産経新聞)

注意欠陥多動性障害(ADHD)やアスペルガー症候群(AS)などの発達障害に苦しむ大人が増えている。障害のために仕事に支障をきたし、ひきこもってしまう人も少なくない。発達障害者支援法の成立から7年。行政の取り組みは遅れがちだが、障害を持つ人たちが自助努力で立ち向かう動きも出てきた。(戸谷真美)

・ミス重なり辞職

 「イージーミスが多すぎる。君に営業はできない」。都内に住む20代の男性は昨年夏、上司にこう指摘され、しばらくして会社を辞めた。
 旅行会社の営業マン。まじめで人当たりもいいが、段取りや整理が下手。細かい連絡を忘れてしまう。添乗員として随行した先で、用意する弁当の数が変更になったのに業者への連絡を忘れてしまい、トラブルになったこともあった。
 まだ、きちんとした診断は出ていない。再就職への意欲もあるが、「サービス業はもう無理だと思う」という。
 発達障害は従来、子供のものとされてきた。だが近年、ひきこもりや鬱病、子供への虐待などの2次障害が表れ、初めて受診する大人の患者が多い。

 計31万部のベストセラー『発達障害に気づかない大人たち』シリーズ(祥伝社新書)の著者、心療内科医で福島学院大の星野仁彦(よしひこ)教授は「私のクリニックに来る患者さんは2次障害が深刻な状態。復帰するのは容易ではない」と話す。
 星野教授の調査では、外来を受診した成人のADHDとASの患者130人のうち、2次障害がない人はわずか13人。専門医が少ないため、発達障害を見抜けず、2次障害だけの治療を受けた結果、再発、長期化する傾向にある。
 冒頭の男性のようなケースでも、「まずは自分で発達障害を認識し、診断を受ける。そのうえで長所と短所を把握し、サポートしてくれる人を見つけることが大切」と星野教授は言う。

・できることから

 発達障害者同士の自助グループも生まれている。自らもADHDとASの混合型という冠地情(かんち・じょう)さん(39)が主宰する「イイトコサガシ」は、22都道府県で160回以上のワークショップを行った。
 6~8人のグループで、2人が5分間、テーマに沿った会話をし、残りの人はその会話の良かった点だけを指摘する。時間を区切って相手の話に集中するので、しぐさや口調の変化にも気づきやすく、独りよがりな会話を避けられる。聞く側は良い点だけを探すため、思いやりや共感を伴ったコミュニケーションの力を磨ける。冠地さんは「発達障害の人は自己肯定感に乏しい。批判や助言はそれに追い打ちをかけ、トラブルになることもある」と話す。
相手の長所を探し、自分の良い所に気づくのはコミュニケーションの基本だ。冠地さんは「発達障害はもはや社会現象。でもできることから始めてほしい」と話している。

・行政の支援、手探り段階

 成人の発達障害に対する行政の取り組みは緒に就いたばかりだ。厚生労働省によると、全都道府県とほぼ全ての政令市に発達障害者支援センターが設置され、ハローワークなどと連携した就労支援などが行われているが、「症状や障害の程度は千差万別で、具体的にどんなサポートをしたらいいか開発を行っている段階」という。
 また、ADHDに対して欧米で効果を上げている中枢神経刺激薬、メチルフェニデートによる薬物療法も昨年11月、18歳未満で投与を受けていた人のみ継続使用が可能になったが、大人への初回投与は認められていない。
(引用ここまで)

成人の発達障害にも目が向けられることも必要なことだと思われるが、赤文字で表示してある「発達障害は従来、子供のものとされてきた。だが近年、ひきこもりや鬱病、子供への虐待などの2次障害が表れ、初めて受診する大人の患者が多い。」という部分の記述については疑問が残る。
 
2002年に文部科学省が行った「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する全国実態調査」では、知的発達に遅れはないものの、学習面や行動面で著しい困難を持っていると担任教師が回答した児童生徒の割合は6.3%である。という結果が示されている。

記事では、発達障害は子どものものだけというように囚われかねない。
文部科学省の行った調査からも、子どものときに発達障害ということを見過ごされてきて成人し、仕事の場面や対人関係、コミュニケーションなどで支障をきたすようになり、はじめて診断を受けるというケースのほうが多いのではないだろうか。

発達障害を持つ成人のサポートも必要であるとと同時に、やはり早期に学校場面などで子どもたちに対する支援がもっと必要なのではないかと思う。
そして肝心なことは、発達障害の要因が何かではなく、学習面から対人関係、就労といった部分まで十分な支援が受けられる環境が整えられることで、それが成人してからの社会適用にもつながっていくだろう。

(文責:新発田)


スポンサーサイト
←ワンクリック頂ければ励みになります。

12月21日に奥田健次先生の新著が大和書房から発売となる。
すでに、ご承知の方も多いかと思うが、すでにAmazon楽天から予約をすることができる。

また、奥田先生からのコメントは先生のブログで拝見することができる。
奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本、発売間近!!

先生のコメントを拝見しても、子育て中の親から保育士や支援者などなど、子どもに関わる方すべてが読んでみたい一冊となっているに違いないと思われる。
また、専門用語をほとんど使わず、中学生が読んでもわかる本を目指したとあったので、行動分析などのことをご存じない方でも読みやすい、入りやすいものとなっているだろう。

内容はもちろんまだわからないが、大和書房のホームページより詳細な目次が紹介されていため、ここで引用してみたいと思う。


大和書房 「叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本」

叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本
目次

うちの子ってどうしてこうなのかしら、と思っているお母さんへ 

1章 子どもによい習慣を身につけさせるには「叱りゼロ」で

●「片づけ大好き」な子どもに育てる褒め方と褒め言葉

     Q1 リビングを散らかしても片づけません

  ◆親が賞賛し、認めることで、新しい習慣を身につけられます

  ◆必ずできることをやらせて、まず「褒めて」ください

  ◆叱られながらやったことは、習慣になりません
 
  ◆失敗しても、「やろうとしたこと」「進歩したこと」を褒められます

  ◆アメだけでいい。ムチはいりません
 
  ◆「いいね!」「OKだよ!」と伝えるだけで新しい行動が身につきます

  ◆褒めることの大切さに気づけば、褒め方も上達します

   ★奥田先生の応用問題★まだ言葉を十分に理解できない1歳前の子の場合は?

●約束を破ったときに叱るよりも、できたときに必ず褒めるほうが効果的です

     Q2 自分から歯磨きする習慣をつけたいのですが

  ◆約束事を決めた親が「警察官」になってしまっていませんか?

  ◆親や教師は取り締まりばかりの警察官と同じでは困ります

  ◆「やって当たり前だ」にならなければ褒められます
 
  ◆『やっちゃだめルール』でよい習慣は身につきません
 
  ◆褒めるタイミングを逃さないために大切なこと
 
     Q3 お風呂になかなか入りません

  ◆わが子を低めに見積もることで、心に余裕が生まれます
 
     Q4 朝一人で起きません

  ◆スモールステップを用意してあげれば、どんどん褒められます

●「自分から進んでやる子」に育てるには、ルール以上に「偶然」のタイミングが大切です

     Q5 お手伝いをする子になってほしいのですが

  ◆約束だけ守る子と誰かを助けたいと思って動く子、どちらになってほしいですか?

  ◆お母さんの「ありがとう」ほど、子どもを動かす言葉はありません
 
  ◆「自分からやる子」と「叱られないためにやる子」の違い

  ◆なぜ「横ばい人間」が育ってしまうのでしょう
 
  ◆「わが子に、どんな大人になってほしいですか?」

  ◆指示の出しすぎをやめて、ぐっと我慢です!

   ★奥田先生の応用問題★お年寄りに席を譲れる子になってほしい

●子どもが真剣にやったことなら、褒めポイントを探して百通りの言葉で褒めましょう

     Q6 なんでも「ママやって」と自分でやりません

  ◆間違いを正すより、自信を持たせることのほうが大切です

  ◆「褒めチャンス」は探せばいくらでも出てきます

  ◆いろんな褒め言葉を研究しましょう

  ◆失敗したって「Good try!」と褒めればいいのです
 
  ◆ティーンエイジャーになるまで、わが子を褒め尽くしてください
 
  ◆親の価値観は子どもに自然と伝わります
 



2章 子どもの性格ではなく行動の特徴に注目すれば、気になるクセも直せる


●危険なクセ、どうしてもやめさせたいクセを直すには?

     Q7 いきなり手を離して走り出すクセをやめさせたい

  ◆「絶対できない状態」にすることで、危険なクセもやめさせることができます

  ◆100回連続アウトを目指してください
 
  ◆歯磨きや薬飲みを嫌がらなくなるコツ
 
     Q8 2歳の息子が歯磨きを嫌がります

     Q9 薬を飲むのを嫌がり、逃げまわります

  ◆やめさせたいクセをやめさせる言葉掛け、導き方
 
     Q10 人前で鼻をほじるクセを直したい
 
  ◆やめさせたいと思うよりも何をやらせるか考えてみましょう
 
     Q11 どこででもオチンチンをいじるクセが直りません

●「性格」のせいにして叱るだけになっていませんか?

     Q12 気に入らないことがあると、すぐに友達を叩きます

  ◆すぐに手が出るのは「性格」のせいではありません

  ◆「いったい誰に似たのかしらねぇ」攻撃していませんか
 
  ◆「性格」を「行動の特徴」と置き換えてみましょう
 
●「なんでできないの?」「どうしてやらないの?」と問い詰めても、子どもの行動は変わりません

     Q13 「なんでできないの?」と理由を聞いても、ちゃんと答えられません

  ◆「なんで?」「どうして?」と聞かずに子どもの行動を変えるには

  ◆具体的なアイデアが子どもを動かします

  ◆問題解決思考を教えていきましょう

   ★奥田先生の応用問題★冷蔵庫の中の物を勝手に食べてしまう子には何と言えばいい?

●子どもの「すねるクセ」も、親の対応次第で変えられます

     Q14 気分屋ですぐにすねる性格を直したい

  ◆「すねれば言うことを聞いてもらえる」をクセにしてはいけません
 
  ◆「すねた子には喪失経験をさせよ」です
 
  ◆行動の結果で親からのメッセージを伝えましょう
 
  ◆「すねたって損しない」が大人になっても続いたら……?
 
   ★奥田先生の応用問題★就学前の子どものすねグセはどうする?


3章 子ども主導ではなく親主導が「我慢できる子」を育てます
 

●先延ばしにしたがる子に一度で言うことを聞かせるコツ

     Q15  食事、着替えのたびに子どもに振り回されます

  ◆子どもがくり出す技に惑わされないで
 
  ◆「お母さんの言うことを聞かなくちゃ」と思わせるには
 
  ◆子どもが面倒がることも、やり方次第で魅力的なことに変えられます

  ◆それでもグズグズしているときには
  
  ◆ふらふらとさまようクラゲにならないために
 
●「やっちゃダメよ」を守れる子にするためには

     Q16 何度言い聞かせても電車ではしゃぎます

  ◆日常生活の中で「約束を守るトレーニング」を積みましょう

  ◆大切な約束を破ったときには「レッドカード」を出しましょう

  ◆我慢ができる子は、「やってはいけないこと」を知っている子です
 
  ◆再チャンレジの機会を確保してあげましょう

   ★奥田先生の応用問題★食事中に立ち歩くクセを直したいときには

●納得できないとすぐキレる子に育てていませんか?

     Q17 要求が通らないといつまでも泣き続けます

  ◆いつも「子ども最優先」でいいのでしょうか?
 
  ◆外食選びは納得できないことに従わせるいいチャンス
 
  ◆選ばせる必要のないことまで、子どもの意見を聞く親もいます
 
  ◆「子どもの権利」を誤解して、わが子をわがままに育てないために
 
  ◆個性を重視することの本当の意味
 
  ◆「選ばせない経験」が必要です

  ◆どこか1点、子どもに従わせる側面を残しておくのがコツです
 
●ルールを守れる子にするために大切な親の態度

     Q18 ゲーム使用時間の「前借り」をやめさせたい

  ◆「10万円借りたら、10万円返す」でオッケー?

  ◆ルール違反には必ずペナルティがあります

  ◆「前借り」分だけではなく、1日ゲーム禁止にしましょう

  ◆子どもの「基本的権利」と「特権」は別ものです
 
  ◆家のルールと地続きにあるのが、社会のルールなのです
 
4章 「自分からやる子」に育てるために大切な「子育てビジョン」


●「こんな子に育ってほしい」と具体的に言えますか?

     Q19  叱るととっさにウソをつくので心配です
       
  ◆ウソをついたことを追い込まない対応が大事です
 
  ◆シビアな問題の片鱗が見えても慌てないために

  ◆目先の『曖昧ビジョン』は子育ての「核」にはなりません

  ◆『子育てビジョン』をできるだけ具体的に描いてみましょう

  ◆「やさしい子になってほしい」は子どもをミスリードするNGビジョン

  ◆子どもの育つその先を見つめるビジョンを持ちましょう
 
●子どものやる気を引き出すちょっとした仕掛け

     Q20 もう少し真剣にサッカーに取り組んでほしい

  ◆子どもが今一番好きな物を知っていますか
 
  ◆どうせ「物で釣る」なら100点のやり方で

  ◆子どもの内なる「やる気」に火をつけましょう
 
  ◆最初は物に釣られていても、だんだん本来の活動自体が楽しくなるという事実

  ◆本当に夢中になれることを自分で見つけるために
 
   ★奥田先生の応用問題★ ご褒美をあげても、「少ない」「もっとちょうだい」と文句を言います。

●子どものピンチに一緒に向き合うために大切なこと

     Q21 突然、「学校へ行きたくない」と言い出しました

  ◆親が想像もしていなかったことを子どもが言い出したとき

  ◆子どもの言葉よりも家での行動に注目しましょう

  ◆子どもが避けたがっているのは何? と考えてみてください

  ◆一大事のときこそ「子ども最優先」です

  ◆「困ったことがあったらいつでも聞くよ」という態度が子育ての保険になります


子育てをもっと楽しむために

あとがき

(引用ここまで)

目次を見ただけでも大変興味がわいくる。内容もどこの家庭にもあるような、さまざまな場面で聞くようなものばかりで子育て中の親御さんなどにも参考になるだろう。
皆さんにもぜひ手に取ってもらいたい、すぐに読んでみたい一冊である。
(文責:新発田)



←ワンクリック頂ければ励みになります。
むしろ、今まで徹底されていなかったのが不思議なくらいであるが、 読売新聞にこのような記事が出ていた。

禁煙しない医療機関、診療報酬マイナス評価へ (2011年10月27日 読売新聞)

医療機関での禁煙対策を進めるため、厚生労働省は、子どもの患者らを診ている医療機関が屋内全面禁煙を実施しているかどうかを診療報酬で評価する方針を決めた。
来年度の診療報酬改定で、実施施設にプラス評価をするか、未実施施設にマイナス評価をする新たな仕組みを設ける。

 受動喫煙の害を防ぐことが目的。対象となるのは、子どものほか、生活習慣病や呼吸器疾患の患者らを診療する医療機関。患者の幅が広いため、ほぼすべての医療機関が対象になる。
(引用ここまで)

また、こちらの記事をみると、医療機関の禁煙率の低さがわかる。

【中医協】診療報酬の要件に「屋内禁煙」-厚労省が提案 (2011年10月26日 キャリアブレイン)
(引用ここから)
受動喫煙による悪影響を防ぐため、同省は昨年2月、公共の場での原則全面禁煙を目指す内容の通知を各都道府県知事などにあてて出した。ところが、病院による屋内禁煙の実施率は63.8%にとどまっており(08年度現在)、診療報酬上の対応を検討することにした。
(引用ここまで)

喫煙での肺がんや脳卒中のリスクを語りながら、あまり病院での禁煙が実施されていないようであれば、禁煙外来を勧められてもすこし説得力に欠ける。
今回の厚労省の提案には賛成であるし、中医協側も当然こうあるべきと厚労省案に全面賛成しているようなので、早期の実施を求めたい。

といっても、この分野しか得意なものがない厚労省大臣では困るので、これ以外にも原発事故問題による雇用の問題や生涯被ばく量の放射能の問題など山積している。
とくに、食品安全委員会が外部被ばくを考慮していないのは問題である。こちらの問題についてはまた別に取り上げたいと思うが、小宮山大臣、タバコ以外の問題解決にも注力していただきたい。

最後に、CMや広告でも言っているように、喫煙は病気である。病気は病院での治療あるのみ。

(文責:新発田)


←ワンクリック頂ければ励みになります。

113日(祝日・木曜日)に奥田健次先生が愛知県自閉症協会の支援セミナーにおいて、講演とパネルディスカッションに登場される。

今回のセミナーでは、【自閉症児の「困った行動」に困らない明るい支援】ということで、親御さんや療育に携わっている方から学生さんまでたくさんの方が集まるのではないかと思われるが、定員が450名となっており、事前の申し込みが必要となる。

先着順で当日参加は行わないとのことなので、早めの申し込みが良いだろう。

◆日 時: 平成23113日(祝・木)10001545
◆会 場: 中区役所ホール(中区栄4-1-18
◆内 容: 10:00~ 基調講演『自閉症児の「困った行動」に困らない明るい支援

        ~家庭・学校・施設における対応のポイント~』
                 13:30~ パネルディスカッション

◆講 師: 奥田健次 先生(桜花学園大学人文学部准教授)
*兵庫県西宮市出身。専門行動療法士、学校心理士、臨床心理士。
1999年、日本行動療法学会内山記念賞受賞。2003年、日本教育実践学会研究奨励賞受賞。2008年、第4回日本行動分析学会学会賞(論文賞)受賞。

◆コーディネーター: 船橋篤彦 先生(愛知教育大学障害児教育講座准教授)
◆ハ ゚ネリスト: 奥田健次先生、公立学校教員、愛知県自閉症協会保護者(調整中)
◆定 員: 450名(先着順)
◆資料代:つぼみの会会員1,000 円 会員外2,000 円 学生1,000 (要学生証提示)
◆締 切: 1015日(必着) *ただし、定員に達した場合はその時点で締め切り。

奥田先生のコメントが先生のブログに載っているので、そちらもご覧いただきたい。

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
【講演会】愛知県自閉症協会支援セミナー【@名古屋】


申し込みや会場などについては、以下のリンクを参考にして頂きたい。
愛知県自閉症協会(つぼみの会)

TP BLOG(つぼみパパblog愛知県自閉症協会(つぼみの会) 父親部公式ブログ

ちゃれんじキッズ

名古屋市ホームページ 自閉症児の「困った行動」に困らない明るい支援(暮らしの情報)

学苑社のぶろぐ

なお、奥田先生は学苑社から「自閉症児のための明るい療育相談室」という著書も出版されているので、まだ読んでいない方は、講演前にご一読をお勧めする。

(文責:新発田


←ワンクリック頂ければ励みになります。
先日、あまりにも酷過ぎる児童虐待の事件が報道された。

覚醒剤・売春強要、少女保護の児相は虐待見逃す (2011年9月21日  読売新聞)

覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された札幌市の無職少女(16)が、実母から売春や覚醒剤の使用を強要されていた事件で、児童相談所が3年前に少女を保護しながら、虐待を把握できていなかったことが20日、わかった。

少女は実母に言われて小学6年の時から売春を始め、中学校にほとんど通っていないが、虐待と認識していなかった。深刻な家庭環境の中で続いていた虐待は見逃されており、教育委員会や学校側の対応にも課題を投げかけている。

 北海道警によると、40歳代の実母は覚醒剤の乱用者。少女は小学6年の時から、実母が使用する覚醒剤の費用を稼ぐため、売春を強要されていた。3年前に実母が覚醒剤使用で逮捕され、少女は1年以上、児童自立支援施設で暮らした。その後、実母、少女とも同居を望んだことから再び一緒に住み始めたとみられる。児相の職員は「性的虐待を把握していれば、同居はさせなかったはず」と話しており、当時、少女の売春は把握していなかった。

 今年5月に実母から「気分が悪いときに使うとすっきりする」と勧められ覚醒剤を始めた。児童自立支援施設では、薬物乱用防止教室もあり、少女は「覚醒剤の恐ろしさを学んだつもりだったが、母の勧めに逆らえなかった」と話しているという。

 少女は母親の再婚相手に覚醒剤を注射されたり、少女にわいせつ行為をしたとして20日に道青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された元暴力団員山本憲彦容疑者(36)の元へ、覚醒剤を買いに行かされたりしていたという。
(引用ここまで)

児童虐待といい、いじめといい、事件が発覚するといつも出てくるのが、「気付かなかった、把握していなかった」という言葉であるが、これには本当に怒りをおぼえる。
関係する大人たちには責任がありそれではすまされないのだ。

記事には、児童相談所の職員の話として「性的虐待を把握していれば、同居はさせなかったはず」とあるが、まず、この児童相談所の判断に大きな疑問が残る。

そもそも、3年前に少女を保護した理由が実母の覚醒剤使用の逮捕である。
いくら母親と少女が同居を望んだからといって、覚醒剤の乱用者とわかっている実母との同居をさせるだろうか?
親権を理由にするのならば、このような家庭状況であることを考慮すると、この家庭にはどんな細かな変化でも見逃さないくらいの注意が必要だったはずだ。

実際に児童相談所の判断が誤りであったことが、別の記事でわかる。

売春強要された少女、母と同居再開後は登校ゼロ (2011年9月22  読売新聞)

(引用ここから)
少女は児童自立支援施設を出て再び母親と同居し始めた今年2月から中学を卒業する3月まで、一度も学校に行っていないことが21日、札幌市教委や児童相談所への取材で分かった。

学校側は家庭訪問をしたが虐待の兆候はつかめず、結局、少女は今年6月頃から母親の勧めで覚醒剤を使用し始めた。

 道警や児相などによると、少女は実母と道南地方で暮らしていたが、3年ほど前に実母が覚醒剤使用で逮捕され、少女は児相に保護された。実母は実刑を免れて執行猶予が付いたが、児相は「同居は時期尚早」と判断、少女を児童自立支援施設で生活させていた。

 今年2月、少女と実母が同居を望んだことから、実母の再婚相手の男(35)(覚醒剤取締法違反の罪で起訴済み)と札幌市のアパートで暮らすようになった。

 児相は少女が児童自立支援施設にいる間、「高校に進学してきちんとした教育を受けた方がいい」と指導。少女は高校見学もしたが、結局、就職して自立することを希望したという。
(引用ここまで)

実母との同居を開始してから、学校への登校が一度もないということは異常事態である。
一度は、「時期尚早」と判断しているが、その後のケアは何もなかったのだろうか?

学校側は、家庭訪問をしたが虐待の兆候はつかめなかったとあるが、義務教育で学校に行かせないこと自体が立派な虐待であろう。
学校や教育委員会は、この少女の家庭環境は把握していたはずなので、おかしいと感じたのならば、なぜ児童相談所や警察と連携をとれなかったのか。

広報パンフレットや厚生労働省からの通達には、ことあるごとに関係機関の連携による早期発見がうたわれている。
これは活字にして見て終わりではない。実行に移さなければ意味がないのだ。

目を覆いたくなるなるような悲惨な現状に子どもたちがさらされているが、児童虐待の問題は学校や児童相談所だけが動けばいいだけの問題ではない。
我々一般の市民も日常の中で、児童虐待が疑われる場合にはそれを通報するなどの行動が求められる。
児童虐待1万件増…近隣住民などの通報増える (2011年7月20日  読売新聞)

また、以前の記事でも取り上げたように、来年の4月より親権停止最長2年を可能とした法律も施行される。

虐待防止へ親権2年停止可能に 民法改正案が成立 (2011年5月27日 朝日新聞)

この記事には、

現行の民法には、20歳未満の子の親権を親から奪う「親権喪失」の制度がある。ただ、期限の定めがないため、虐待被害の対応にあたる児童相談所(児相)などが親子関係の断絶につながりかねないことを懸念して申し立てをためらうケースが多く、虐待防止の有効な手段になっていないと指摘されてきた。

とあるが、この躊躇がどれだけ児童虐待の問題をさらに悪くしているかは、これまでの事件や前述の記事で明らかである。
親子関係の断絶につながりかねないといわれるが、場合によっては、子どもの人生や命そのものが断たれてしまうことがある虐待に有効な手段として活用されることを強く望む。

(文責:新発田)




←ワンクリック頂ければ励みになります。

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ブログ桜舟塾 all rights reserved.
ランキング参加中!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
プロフィール

新発田

Author:新発田
FC2ブログへようこそ!