FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←ワンクリック頂ければ励みになります。

児童虐待の防止等に関する法律の一部改正の法律案が5月25日に参議院で可決、6月1日に公布された。
この法案では、親権の責任の明記、虐待の疑いがある児童に対する安全確認を努力目標から必要な措置をとることを義務化、虐待の疑いがある場合の児相職員等の立ち入り検査、施設に入所した子どもへの保護者の面会の制限などが示されている。
以下、法案要綱を引用してみる。

児童虐待の防止等に関する法律及び児童福祉法の一部を改正する法律案要綱
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

第一 児童虐待の防止等に関する法律の一部改正関係
 一 目的(1条関係)
   この法律の目的として、「児童の権利利益の擁護に資すること」を明記するものとすること。


 二 国及び地方公共団体の責務等(4条関係)
  1 国及び地方公共団体の責務に、児童虐待を受けた児童等に対する「医療の提供体制の整備」と、「児童虐待を受けた児童がその心身に著しく重大な被害を受けた事例の分析」を加えるものとすること。
  2 児童の親権を行う者は、児童を心身ともに健やかに育成することについて第一義的責任を有するものであって、親権を行うに当たっては、できる限り児童の利益を尊重するよう努めなければならないものとすること。


 三 安全確認義務(8条関係)
   市町村、福祉事務所の長及び児童相談所による児童虐待を受けたと思われる児童の安全確認が努力義務であったのを改め、安全確認のために必要な措置を講ずることを義務化するものとすること。


 四 出頭要求(8条の2関係)
  1 都道府県知事は、児童虐待が行われているおそれがあると認めるときは、保護者に対し、児童を同伴して出頭することを求め、児童相談所の職員等に必要な調査又は質問をさせることができるものとすること。
  2 都道府県知事は、保護者が1の出頭の求めに応じない場合、立入調査その他の必要な措置を講ずるものとすること。


 五 再出頭要求(9条の2関係)
   都道府県知事は、保護者が正当な理由なく立入調査を拒否した場合において、児童虐待が行われているおそれがあると認めるときは、当該保護者に対し、当該児童を同伴して出頭することを求め、児童相談所の職員等に必要な調査又は質問をさせることができるものとすること。
 六 臨検等(9条の3から10条の5まで関係)
  1 都道府県知事は、保護者が五の再出頭要求を拒否した場合において、児童虐待が行われている疑いがあるときは、児童の安全の確認を行い又はその安全を確保するため、児童の住所又は居所の所在地を管轄する地方裁判所、家庭裁判所又は簡易裁判所の裁判官があらかじめ発する許可状により、児童相談所の職員等に児童の住所若しくは居所に臨検させ、又は児童を捜索させることができるものとすること。
  2 警察署長に対する援助要請その他の臨検等に当たって必要な手続等を定めるものとすること。


 七 児童虐待を行った保護者に対する指導(11条関係)
   児童虐待を行った保護者に対する指導に係る勧告に保護者が従わなかった場合には、当該保護者の児童について、都道府県知事が一時保護、強制入所措置その他の必要な措置を講ずる旨を明記するものとすること。


 八 面会等の制限等(12条から12条の4まで及び17条関係)
  1 一時保護及び同意施設入所措置の場合にも、強制施設入所措置の場合と同様に、児童相談所長等は、児童虐待を行った保護者について当該児童との面会又は通信を制限することができるものとすること。
  2 都道府県知事は、強制入所措置の場合において、1により面会及び通信の全部が制限されているときは、児童虐待を行った保護者に対し、当該児童の身辺へのつきまとい又はその住居等の付近でのはいかいを禁止することを命ずることができるものとすること。この命令の違反につき、罰則を設けるものとすること。


 九 施設入所等の措置の解除(13条関係)
   都道府県知事は、施設入所等の措置を解除するに当たっては、児童虐待を行った保護者の指導に当たった児童福祉司等の意見を聴くとともに、当該保護者に対し採られた措置の効果、児童虐待が行われることを予防するために採られる措置について見込まれる効果等を勘案しなければならないものとすること。


 十 関係機関等相互の情報提供(13条の3関係)
地方公共団体の機関は、市町村長等から児童虐待の防止等に関する資料又は情報の提供を求められたときは、当該資料又は情報について、当該市町村長等が児童虐待の防止等に関する事務又は業務の遂行に必要な限度で利用し、かつ、利用することに相当の理由があるときは、これを提供することができるものとすること。ただし、当該資料又は情報を提供することによって、当該資料又は情報に係る児童等又は第三者の権利利益を不当に侵害するおそれがあると認められるときは、この限りでないものとすること。


 十一 都道府県児童福祉審議会等への報告(13条の4関係)
   都道府県知事は、都道府県児童福祉審議会等に、立入調査、臨検・捜索及び一時保護の実施状況、児童の心身に著しく重大な被害を及ぼした事例等を報告しなければならないものとすること。



第二 児童福祉法の一部改正関係
 一 要保護児童対策地域協議会(25条の2関係)
   地方公共団体は、要保護児童対策地域協議会を置くよう努めなければならないものとすること。


 二 未成年後見人請求の間の親権の代行(33条の7関係)
   児童相談所長は、未成年後見人の選任の請求がされている児童等に対し、親権を行う者又は未成年後見人があるに至るまでの間、親権を行うものとすること。


 三 罰則(61条の5関係)
   正当な理由がないのに立入調査を拒否した者に対する罰金の額を、30万円以下から50万円以下に引き上げるものとすること。



第三 その他
 一 施行期日
   この法律は、平成20年4月1日から施行するものとすること。


 二 検討
  1 政府は、この法律の施行後3年以内に、児童虐待の防止等を図り、児童の権利利益を擁護する観点から親権に係る制度の見直しについて検討を行い、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとすること。
2 政府は、児童虐待を受けた児童の社会的養護に関し、里親及び児童養護施設等の量的拡充に係る方策、児童養護施設等における虐待の防止を含む児童養護施設等の運営の質的向上に係る方策、児童養護施設等に入所した児童に対する教育及び自立の支援の更なる充実に係る方策その他必要な事項について速やかに検討を行い、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとすること。
(引用ここまで)


文責:新発田


←ワンクリック頂ければ励みになります。
児童相談所は、”安全確認のために必要な措置を講ずることを義務化”され、ドアの
前まで行って子どもに会えませんでした…。ではすまなくなった。
また、その上で、児相の権限が拡大されることになる。
最大限活用していってほしいと思う。

児相の権限拡大とともに、面会やつきまといに対しての制限や禁止命令が
できたり、その違反に対して罰則があることなど、
保護している施設としても、力強いのではないかと思う。

しかし、保護した後のことがまだ不十分なように思う。

 九 施設入所等の措置の解除(13条関係)
   都道府県知事は、施設入所等の措置を解除するに当たっては、児童虐待を行った保護者の指導に当たった児童福祉司等の意見を聴くとともに、当該保護者に対し採られた措置の効果、児童虐待が行われることを予防するために採られる措置について見込まれる効果等を勘案しなければならないものとすること。

果たして、これでどこまで変わるのか・・・。
保護された後、今まで虐待してた父親のとこに、子どもを連れて帰る母親・・・
とかって、ままあることのように思うのですが。

”保護者に対してとられた措置の効果”って・・・?

奥田先生の言われているような
『家庭環境』と『parenting skill(親業スキル)』を評価・判定する方法
が、必要不可欠に思います。
http://kenjiokuda.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_3d91.html#search_word=虐待

また、(またまた奥田先生ブログより)
「まともな親業が出来ない親ならば、血がつながらなくても親らしいことを
してくれる親元で育つ方が子どものためになる」
http://kenjiokuda.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_322e.html#search_word=虐待

という考えが必要だと思います。
現在の法はまだ、”最終的には保護者のもとに帰る!それが幸せ!”と
考えてそうな感じが…。
【2007/06/16 Sat】 URL // うめ #- [ 編集 ]
うめさん
コメントありがとうございます。

厚生労働省の「児童虐待防止対策の強化について」(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/01/h0123-2.html)の中では措置解除に対する評価について、以下のようにあります。
1.措置解除に関するチェックリストの策定(本年夏を目途)
保護者の改善状況の評価、子どもの意思、児童養護施設等の意見、措置解除後の援助計画、主担当機関、保護者の遵守事項と不遵守の場合の対応措置など、措置解除に関するチェックリストを策定する。
(引用ここまで)
これが、どのような内容になるか注目していく必要がありますね。

法改正については、うめさんも言われているように、児相など関係諸機関が最大限活用してもらいたいものです。統計を見ると、H.12.11.20~H.16.12.31の間に起きた虐待死亡事例(202件)の内訳は以下のようになっています。
http://www.crc-japan.net/contents/situation/index.html
・児童相談所が関わっていた事例-29.2%
・関係機関が虐待やその疑いを認識していたが、児童相談所が関わっていなかった事例-30.7%
・関係機関との接点はあったが、家庭への支援の必要性はないと判断していた事例-21.3%
・関係機関と全く接点をもちえなかった事例-18.8%

つまり、約8割のケースで何らかの接点があったにも関わらず、最悪の結果につながっているのが現状です。このようなことをなくすべく、関係諸機関には一層頑張ってもらいたいと思います。

里親制度については、調査報告が出されていますので、それについては、別に新エントリを立ち上げたいと思います。
【2007/06/16 Sat】 URL // 新発田 #LeXeE8go [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://ohsyujuku.blog82.fc2.com/tb.php/17-f80cd30c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
虐待 児童相談 入所 措置  【2007/09/10 Mon】
結婚相談サービスは、今ではわざわざ探さなくても、たくさん目につきますね。どの結婚相談サービスも、「うちこそは信頼おけます!」といった謳い文句を掲げていますが、どの結婚相談サービスが本当にいいのか、信頼していいものか、不安な部分もあるかと思います。結婚相談
[ 児童相談 サービスについて ]
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ブログ桜舟塾 all rights reserved.
ランキング参加中!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
プロフィール

新発田

Author:新発田
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。