上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←ワンクリック頂ければ励みになります。

安倍首相が官邸主導の教育改革をねらって、去年からスタートしている教育再生会議。
「親学」に関する緊急提言なるものを行っている。


<教育再生会議>親向けに「親学」提言 母乳、芸術鑑賞など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000005-mai-pol


政府の教育再生会議は25日、親に向けた子育て指針である「『親学(おやがく)』に関する緊急提言」の概要をまとめた。子どもを母乳で育てることを呼びかけたり、父親にPTA参加を呼び掛けるなどの内容。政府の有識者会議が家庭生活のマニュアルを示し提言をすることには会議内にも慎重論があるだけに、世論の評価は分かれそうだ。
 東京都内で同日開かれた主要メンバーによる運営委員会で示された。5月の第2次報告の前に正式発表する見通し。
 「親学」は、親も子育て学習をする必要がある、との認識から一部の保守系有識者が提唱している考え方。子育ての知恵や文化を伝えることが主眼で、再生会議では17日の同会議第2分科会(規範意識)で提言を行う運びとなった。山谷えり子首相補佐官や池田守男座長代理らが概要をまとめた。
 概要では「脳科学では5歳くらいまでに幼児期の原型ができあがる。9歳から14歳くらいに人間としての基礎ができる」と指摘するなど、11項目にわたり具体論を展開。「子守歌を歌う」▽「授乳中はテレビをつけない」▽「早寝早起き朝ご飯」▽「親子で感動する機会を大切にしよう。テレビではなく、演劇など生身の芸術を鑑賞」▽「インターネットや携帯電話の情報に『フィルタリング』を」など、家庭生活のあり方をかなり具体的に記述。子どもの発達段階に応じ「幼児期段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目」を身につけさせるよう呼びかけた。
 ただ同会議内にも、「政府が押し付けることか」(学識経験者)と政府版「家庭生活マニュアル」の作成を疑問視する意見が出ており、発表段階で内容に変更が加えられる可能性もある。母乳による育児推奨には「母乳の出ない母親を追い詰める」との専門家の指摘もある。
【平元英治】
 ◇「親学」提言のポイント
(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児
(2)授乳中はテレビをつけない。5歳から子どもにテレビ、ビデオを長時間見せない
(3)早寝早起き朝ごはんの励行
(4)PTAに父親も参加。子どもと対話し教科書にも目を通す
(5)インターネットや携帯電話で有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」の実施
(6)企業は授乳休憩で母親を守る
(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞
(8)乳幼児健診などに合わせて自治体が「親学」講座を実施
(9)遊び場確保に道路を一時開放
(10)幼児段階であいさつなど基本の徳目、思春期前までに社会性を持つ徳目を習得させる
(11)思春期からは自尊心が低下しないよう努める

(2006年4月26日3時2分配信 毎日新聞)


親も子育て学習をする必要がある、というのは納得。押しつけという意見もあるが、虐待などがこれだけ問題になっている中では、そんなことも言ってられない。本当は、親になる前に学習しておく必要があると思うが。


しかし、この「親学」提言のポイントの中身はどうだろう?
(2)はまだしも、(7)テレビではなく演劇などの芸術の鑑賞とあるが、テレビ番組から学ぶこともあるはず。見過ぎは良くないし、すべての番組が推奨されるわけではないが、これも脳科学か?まさか、この分科会の副主査が超有名劇団の代表だからわざわざ演劇って書いたのか?


また、(5)については、親だけに任せるなよと言いたい。もっと、ネットや携帯電話の企業に言ってくれ。分科会の資料(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku/2bunka/dai7/siryou8.pdf)にもあるが、出会い系サイトにアクセスしたことがある中・高生の内、約70%が携帯電話からアクセスしている。それらに関する犯罪も毎年増加している。しかし、提案にあるようなフィルタリングでは100%防げない。さらに、フィルタリングソフトの大手メーカー担当者によると、パスワードが子どもに見破られ、フィルタがはずされていたというケースもあるとのこと(http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060821/118202/)。このように、家庭でできることには限界があるので、子どもに携帯を売っている企業にこそ、強い態度で臨んで欲しい。子どもが使う携帯にはネットに接続させないということくらいまでやらせたら、教育再生会議も名前の通りのものになるだろう。本気で子どもを守る気があるなら、それくらいやってくれ。というか、それくらいやってくれないと、わざわざ官邸主導で会議作った意味ないだろ。


(11)に関しては、具体的ではないのでわかりにくい。これは一つ間違えると、どんどん悪い方向へ行きそうな気がする。自尊心を低下させないといって、子どもの言うことをなんでも受け入れて甘やかしすぎる親が増えたら、教育の再生どころか崩壊に進んでいきそうだ。(11)が必要だというのなら、どうのようにすればいいのかまで、はっきりと示して欲しい。


                                                   文責:新発田


←ワンクリック頂ければ励みになります。
”親学”提言について
根本的なことになるとおもうのですが、
教育再生会議のいう”親学”とは何を学ぶことを目的としているのか。
以下のようなことでしょうか。


第7回 教育再生会議 議事概要・要旨より

子育てに関する知識の習得のため、また、子育ては社会全体の喜びであると
いう意識に改革していくために、いわゆる「親学」の定着が必要。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku/dai7/7gijiyoushi.pdf


では、これに至った理由は何なんでしょうか。

まだ”親学”の必要性が、この教育再生会議のものからは、
見えてきません。

また、今回の提言を見て更に必要か?と思います。
こういうことを教えることが何に繋がるんでしょうか。

”親学”やるからにはもっと大事なことがあるんでは?と
思うんですが・・・。
どうでしょうか?

また、この教育再生会議の委員もこれで十分なのかな
と思います。

第2分科会 第9回 議事要旨を見ましたが、
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku/2bunka/dai9/9gijiyoushi.pdf
今回の提言の
(7)親子でテレビではなく演劇などの芸術を鑑賞 は、
劇団四季代表・演出家の浅利委員が
発言したことにより入ったのではと思います。

(1)子守歌を聞かせ、母乳で育児 は、
エッセイストの海老名委員からの
発言により入ったのではと思います。

委員の発案がそのまま提言になってるように思われます。
このこと自体もどうかと思いますが。
ということは、委員が誰かはとても大事だと思います。
委員はこのメンバーで十分といえるのでしょうか?

皆さんのご意見を聞かせていただけたらと思います。
【2007/05/04 Fri】 URL // うめ #- [ 編集 ]
親学提言について2
議事要旨を読みました。

浅利委員が「ユタと不思議な仲間たち」というミュージカルを、全国の子供に無料で見せて、親子で感動を分かち合えばいじめに真剣に向き合うようになるといった発言をしいるので、それが提言のポイント(7)にそのまま盛り込まれたようです。

 また、海老名委員の「せめて3ヶ月は母乳で育てていただきたい。子供の顔や目を見て母乳を与える事で親子の情が育まれる。子守唄なども親の愛や、優しさを伝える事に通じる」という発言がそのままポイント(1)になっているようですね。

この発言自体が4人の子供を育てたたった一人の母親の経験から言われていることには大きな疑問を感じます。情が育まれるためには母乳以外の手段はないのか?子守唄じゃなくたってポップ系だっていいし、クラッシックだって、それこそ音楽じゃなくて詩を聞かせたっていいかもしれない。聞かせなくてもいいかも。

上記だけでは要旨の内容を誇張しすぎかもしれませんが、上のような発言は、ちょっとした演劇好きや、母乳で子供を育てた母親であれば誰でも言えそうなことじゃないか?と思ってしまうのですが・・・。何のための「有識者」なのかわかったもんじゃないです。

そして最後の(11)では、思春期から自尊心が低下しないよう努める。などという曖昧な表現で終ってしまっているのだから驚きです。これって、「思春期から反抗的にならないよう努める」とか「思春期から将来犯罪に走らないよう努める」とかと同じで、読む人によって「努め方」の解釈に差がでてきちゃいますよね。体罰で押さえ込もうとする人、いかなる反抗も許さない人、犯罪を犯さないように全て買い与えて不自由なく育てようとする人など、いろんな努め方がでてきちゃいそうです。

う~ん。本当にいい加減で危険な提言だ。

日本には「親学」に先んじて「親業訓練協会」という組織があります。
http://www.oyagyo.or.jp/index.html
このページによるとトマス・ゴードンという心理学者が、「いわゆる行動科学」を基礎に作り上げたものらしいです。内容については詳しくは知りません。
http://www.oyagyo.or.jp/oyagyo/oyagyo_04.html
ただ、以前お会いした不登校の子供の親御さんは親業の会の運営者(?)に相談したところ、子供の事を受け入れてあげなさいとアドバイスされたため、欲しがっていたPCを買ってあげたそうです。時期的に一致しただけかもしれませんが、その後、それまで断続的だった登校が完全に不登校になってしまったそうです。

 「親業」や「親学」が必要ないとは思いません。むしろ必要なのではないでしょうか。ただし、言葉だけ立派で中身は空っぽ。空っぽどころか、「有識者」「学者」が言っている分、有害にさえなりかねないと思います。委員会にイエロー1枚。
【2007/05/12 Sat】 URL // はるまき #kLr9nbr6 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://ohsyujuku.blog82.fc2.com/tb.php/2-2fdcdd95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ブログ桜舟塾 all rights reserved.
ランキング参加中!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
プロフィール

新発田

Author:新発田
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。