上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←ワンクリック頂ければ励みになります。

衆議院を通過した教育3法のうち取り上げる3つ目は学校教育法の改正について。
大きな改正点は、義務教育の目標と教員の新しい役職の創設。


学校教育法等の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

提出時法律案より一部抜粋。

第二十一条 義務教育として行われる普通教育は、教育基本法(平成十八年法律第百二十号)第五条第二項に規定する目的を実現するため、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。
三 我が国と郷土の現状と歴史について、正しい理解に導き、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する態度を養うとともに、進んで外国の文化の理解を通じて、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。
(引用ここまで)

安倍首相、これについては特に力が入っている。4月20日の「教育再生に関する特別委員会」では、こんなことを言っていた。


「教育再生に関する特別委員会」会議録より引用。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm

安倍内閣総理大臣 (前半部省略)そういう中において、教育基本法、新しい教育基本法の中においては、いわゆる道徳心とともに、国や地域を愛する心、愛する態度を涵養するということが明記されているわけでございます。そして、当然また、家庭、家族の意味、意義も明記をしているわけでございます。学校教育法の改正案におきましても、義務教育の目標として、新たに、家族と家庭の役割の基礎的な理解を養うことや、我が国と郷土を愛する態度を養うことを明確に規定しているわけでありまして、学校における指導の充実を図ってまいりたい、このように思います。

いわば、当たり前のことを当たり前にしっかりと教えていくということではないか、このように思います。
(引用ここまで)

この法案が成立したとして(いや、もう成立は確実視されていますが)、本当に正しい日本の歴史を子どもたちに伝えていくことができるだろうか?政治家の方々には、国民が愛し続けることができるような国にしてもらいたい。

もう一つ、改正される点として、法案提出理由より引用してみる。
「学校の運営及び指導体制の充実を図るため、幼稚園、小学校、中学校、高等学校等に副校長、主幹教諭及び指導教諭の職を新たに置くことができることとする」
(引用ここまで)

改正される法律部分については、各学校種別に規定されている。
ちなみに、主幹教諭・指導教諭については、以下のように示されている。

提出時法律案より一部抜粋。

主幹教諭は、校長(副校長を置く小学校にあつては、校長及び副校長)及び教頭を助け、命を受けて校務の一部を整理し、並びに児童の教育をつかさどる。
指導教諭は、児童の教育をつかさどり、並びに教諭その他の職員に対して、教育指導の改善及び充実のために必要な指導及び助言を行う。
(引用ここまで)

                                                   文責:新発田




 


←ワンクリック頂ければ励みになります。

管理者にだけ表示を許可する
http://ohsyujuku.blog82.fc2.com/tb.php/9-3a750cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ブログ桜舟塾 all rights reserved.
ランキング参加中!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
プロフィール

新発田

Author:新発田
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。